1. ホーム
  2. ペニスに関する豆知識
  3. ≫ 遅漏の原因と治療について

遅漏の原因と治療について

遅漏は性機能障害の症状の一つとされ、男性が射精するまでに非常に長時間がかかること、または射精ができないことと定義することができます。調査によると現状では男性の3%程度が遅漏に悩んでいるということですから、遅漏という症状は決して珍しいというわけではありません。

 

遅漏ということで男性も苦痛を感じることが多くなりますが、パートナーにも良くない思いをさせることになります。それに、これからの高齢化社会が進んでいくことで遅漏になる男性の割合は増えていくと考えられています。

 

遅漏の原因としては主に機能的原因と精神的原因にわけられます。機能的原因としては内臓の病気や糖尿病や加齢の影響などが考えられます。また病気治療のために服用している薬剤の副作用としても遅漏になることもあります。精神的原因はストレスなどがありますが、遅漏になってしまうストレスの原因は多岐に渡っていることが考えられます。

 

治療方法としては機能的原因で遅漏となっている場合には機能障害を起こしている病気や障害などを取り除くことで改善していくことが考えられます。精神的原因では遅漏の原因となっているストレスを解消することが必要となります。

 

よくバイアグラに代表されるED治療薬が遅漏にも効果があると言われることがありますが、ED治療薬は射精を早めるという効果はありませんので遅漏に効果があるとは考えられません。安易にED治療薬を遅漏に使用することは避けるべきです。