1. ホーム
  2. ペニスに関する豆知識
  3. ≫ 男性特有の悩みについて

男性特有の悩みについて

悩みと言っても人それぞれありますが中には性別特有の悩みもあります。

男性特有の悩みと言えばペニスに関係したものが多いですが今回は中でも包茎について書いてみたいと思います。

 

包茎と言ってもいくつか種類がありますがよく言われるのが仮性包茎と真性包茎です。

仮性包茎は亀頭部分が皮を被っているけど手で簡単に向ける状態です。幅が広く人によって程度は異なります。

真性包茎は通常時も勃起時も皮を被ったままで剥くことができない状態です。

 

どちらも男性にとってはコンプレックスの原因になります。それを除いても衛生面などの問題があります。

仮性包茎は皮を剥いて洗えばまだいいのですが真性包茎はそれもできません。

それらの問題を解決するには手術が一番手っ取り早いのでそれについて説明したいと思います。

 

まず前提として基本的に真性包茎には保険が適用されますが仮性包茎には適用されません。

真性包茎の治療には環状切開術という手法が最もポピュラーです。費用としては色々と含めると5万円以下が一般的です。

簡単に言うと余分な皮を切り取って亀頭部分をいわゆるズル向け状態にする方法です。

仮性包茎には亀頭直下埋没法というものがよく行われます。費用としては保険適用外なので10万前後くらいのところが多いです。

これは余分な皮を切り取ってカリの部分で縫合する方法です。

 

手術というと痛みが気になりますがやはり手術をする以上は痛みが伴います。

麻酔をする際にはやはり痛みはありますし術後も麻酔が切れると多少の痛みや違和感はあると考えたほうがいいです。また麻酔に関してはクリニックによっては無痛麻酔などもある場合がありますがその分お金が掛かることになります。

 

術後は医師の指示に従って運動やシャワー・飲酒などの行為は控えるようにする必要があります。

手術というと不安になる気持ちはありますが衛生面の問題が解決されるというメリットがあります。

女性の中にも衛生面を気にする人は少なくないので包茎であるよりはないほうが印象がいいのは間違いないです。

包茎に悩んでいる人は手術という選択をするのも一つの手だと思いますのでご検討してみてはいかがでしょうか?