1. ホーム
  2. ペニスに関する豆知識
  3. ≫ 包茎手術の種類について、どれが良いかを考える

包茎手術の種類について、どれが良いかを考える

包茎手術は泌尿器科、美容整形外科、包茎専門病院などで行なわれています。
日本人の男性に多い仮性包茎の手術方法でいうと、泌尿器科では亀頭の下で余分な包皮を切除して縫い合わせる手術が主に行なわれています。

仮性包茎は治るのですが、傷跡が目立つため手術をした事がわかりやすくなってしまいます。

 

美容整形外科や包茎専門病院などでは、包皮を亀頭の下で切除するのではなく余分な包皮を陰茎の根元部分で切除する手術方法も行なわれています。

根元部分で切除すると陰毛に傷口が隠れるので傷跡が目立ちにくくなります。

また簡単な手術方法なので料金も安いというメリットがあります。

 

より自然に仕上げたい場合には包皮を切り取る際にジグザグに切り取る事により、包皮を切除した事が全くわからないように仕上げる方法もあります。

高度な技術が必要ですが、とてもきれいに仕上がるので公衆浴場や温泉などに行っても安心できます。

ただし料金は高額になります。

 

今は麻酔の技術も発達しており、技術が確かな病院を選べは痛みもなく手術を受ける事ができますが、どうしても心配な場合には包皮を糸で縫いとめるだけの手術方法もあります。

軽い仮性包茎の人が対象になりますが、糸で留めるだけなのでとても簡単です。

 

しかし何かの拍子に糸が切れてしまい元に戻る場合もあります。
どの手術方法が一番良いのかはまず医療機関で相談してみて決めるのが良いでしょう。

 

医療機関によって麻酔方法などにも違いがあります。

医療機関によっては無料で相談を受け付けているところもあります。